やまき8段けん玉クラブへようこそ。
福島県いわき市。伝説のけん玉チャンピオン、山木弘行8段が指導。

「美しく技を決める」をテーマにけん玉教室・級段位認定試験・各種大会への参加などの活動を行っています。

けん玉は技が決まるととっても爽快!そしてみんなでにぎやかに楽しめるのが何よりの楽しみ。
そしてけん玉は、集中力アップや体力作り・健康増進にもとっても最適なスポーツです。

けん玉クラブ会員は随時絶賛募集中!お気軽に事務局へお問い合わせください。
お問合せ先【kendama.iwaki@gmail.com】

「みちのく東北けん玉フェスタ2018inふくしま」の報告です★「2」

「みちのくけん玉フェスタ2018inふくしま」後半の報告ですけんだま

 

午前の部終了後は、ランチタイムランチです。けん玉フェスタ参加者と関係者にはお楽しみタ~イムですきらハート

なぜかといいますと、須賀川アリーナ屋外ブースには福島市のcurry diningber 笑夢さんのキッチンカーが来場car*くださいました。

その前には行列ができていましたが、笑夢さんのカレーのおいしさはもちろんのこと、もう一つ行列ができる秘密がありました矢印 それは、けん玉の技をしてできれば(初心者はとめけん、中級者以上は世界一周です!)、100円引き!とあって、皆さんけん玉をするときは真剣でした! 大会ではない盛り上がりがありましたよ激辛カレー彼氏

DCF00030.jpg

 

こちらが、人気メニューのひとつ、バターチキンカレーです!カレーパンマン

スパイシーの中にもまろやかさとうまみが凝縮されていましたカレーライス

ごちそうさまでした王様

DCF00031.jpg

 

さて、午後の部は、はじめにA-1クラス、A-2クラス、Bクラスの決勝トーナメント戦が行われますが、練習の合間にもKFB福島放送さんの小学6年生コンビ密着取材もありましたけんだまけんだま

 

ギリギリまで最終調整をしている姿が撮影されていましたけんだまけんだま

 

こちらで練習されているのは、A-1クラス出場でスパイク管理人、松本さんのお召し物ですが、よく見ると・・・スパイクがある長井市をイメージしたデザインですねけんだまとっても素敵ですきらきら

 

ここで、本部をご紹介・・・この時は少しのスタッフしか写っていませんが、大会進行がスムーズに進んでいるのもこちら裏方さんの協力なしにはけん玉フェスタの完成はありませんニコニコ 大会の状況を逐次把握されて記録作成、賞状作成など滞りなく進めていただきました。ご協力ありがとうございます星

 

さて、競技の話題に戻りますが、各クラス決勝トーナメント戦に入りますびっくり 3クラス同時に行いました!

1本のミスが命とりとなるだけあって、1つ1つの技が見ごたえありました!

DCF00032.jpg

 

今回は、ハイレベルですね~!準決勝までは4選技行い、同点であればタイム競技をすることになっていましたが、タイム競技での決着が多かったように感じました時計 劇的な逆転での勝利という場面もあり!!

DCF00034.jpg

 

A-1クラスの決勝戦もタイム競技で決着しましたストップウォッチ!! 最後まで見逃せない試合でしたbikkuri

DCF00035.jpg

 

A-2クラスの決勝戦は、こちらもハイレベル!!息を呑む戦いでした!! 東北の小学生レベルもどんどん上がっていますテンション↑

DCF00036.jpg

 

続いて、東北一を決める決定戦が行われましたキラキラ矢印

A-1クラスとA-2クラスの各上位2名が、トーナメント戦で戦いました↑

さすが、ハイクラスのけん玉は、すごいですね↑ 難関技が増えるのですが、それでもミスが少ないので、とても見ごたえがありました↑

 

こちらのすべりどめ極意は、動いても止めるので思わず観客から声が湧き上がってしまう場面もありました↑すごい集中力です凸


 

こんなに斜めに灯台が入っても、止めましたsei すばらしいバランス力に圧巻です↑↑

 

大人も執念を見せてしました矢印 緊張感がある中で、技を次々と決めていく精神力はすばらしいし、とても勉強になりました!

 

ついに東北一決定戦の決勝ですあげ

両者ともに決勝戦らしく、難関技を次々と決めていました。一本の重みをすごく感じるほどのすばらしい試合でした矢印

決勝の模様の動画は、次のリンクからご覧ください。

【1】~【3】の3つに分けて掲載しています。

東北一決勝戦【1】

東北一決勝戦【2】

東北一決勝戦【3】

 

競技終了後は、A-1クラスとA-2クラスとBクラスの表彰式を行いました嬉しい

(CクラスとDクラスは、午前の部で表彰式を行いました)

 

こちらは、Bクラス入賞の皆さんです↑おめでとうございました↑

 

こちらは、激戦のA-2クラス入賞の皆さんです。顔ぶれを見ますと、全国クラスのメンバーがそろっていて、すばらしい戦いでしたtonki_↑おめでとうございましたクラッカーおめでとう

あっ・・・手前に写っているのは・・・午前の部の司会で活躍されました馬目パパです笑 事務局長兼任で事務局をまとめていただきました。ありがとうございましたにこにこ・ピンクマ

 

A-1クラスの入賞者ですトチュウ

こちらは、中学生から大人までと幅広い年齢層での戦いがありましたが、技をされる姿は、貫禄がありましたねびっくり 入賞された皆さん、おめでとうございましたくす玉

 

こちらは・・・左が東北一になりました馬目隼佑さん(A-2クラス優勝者)、右が東北2位の池田慶次郎さん(A-1クラス優勝者)です。各クラスの優勝者にはけん玉トロフィーが授与されましたパチパチおめでとうございました祝おめでとう このお二人には、得意技の披露もしていただきました!

 

東北一になりました馬目隼佑さんには、さらに賞品の雪かき用スコップが授与されましたが、なんと・・・一番雪が少ない、いわき地区の選手に行ったということでプチ話題になりました汗この冬は頑張って雪かきしてくださいねハート

 

表彰式終了後、けん玉道6段 田嶋朗さんによるスゴ技けん玉披露がありましたおんぷ 毎年、バイクで東北の地に駆けつけてくださいまして、ありがとうございます↑↑

今年は、なんだかいつもにはないパワーアップした技を披露してくださいましたよやじるしどちらも一瞬の技ですなるほど!動画でご覧くださいね↑

https://youtu.be/kRmEvuUbvRw

 

https://youtu.be/RjFkIbTQ6Ts

 

「みちのく東北けん玉フェスタ」も大詰め矢印2018年最後の運試し凸 【けん玉大抽選会】が行われましたやったーワイワイ

 

なんと、豪華賞品が勢ぞろいです!!赤

山形工房さんの新作けん玉に、山木理事長のサイン入り金運カレンダーなどなど今回もバラエティーに富んでいました!!

 

途中で、山形工房・梅津社長が登場し「社長~!!」コールが会場に響き渡るほど盛り上がりました!三山ひろしさんのカレンダーも賞品に加えていただきました!!

 

参加された皆さんは次々と出る賞品に大喜びあげ すごい賞品は続き、漆塗りけん玉も!!当選者は、なんと、師匠さんでした!! 前半の写真にありました「けん玉太陽」も賞品に出していただき、当選者は、日大ジャグリング部の学生さんでした↑ぜひ、ジャグリングの仲間で使ってくださいね。当選された皆さん、おめでとうございました↑ そして、梅津社長には、大変なご協力をいただきまして誠にありがとうございました顔

 

あっという間に閉会式を迎えましたえーーーん

その中で、次回開催県宣言があり、来年は山形県で行われることになりましたので、西東北ブロック長 平山 明さんから声高らかに開催宣言をしていただきました!

 

実行委員長 吉村さんが閉会を宣言して無事に「みちのくけん玉フェスタ2018inふくしま」が終了いたしました!

 

全日程終了後、記念撮影のひとコマですおんぷ

皆さんの顔がほっとした表情をしています音符

ちなみに、一番手前に並んでいるのは、Cクラス優勝者の関隼人くんです♪ ここでやっと写真に登場しました笑 おめでとう音符

DCF00037.jpg

 

会場の撤収作業もあっという間に無事終わりました!!

みちのくけん玉フェスタ大成功に関係者一同すがすがしい笑顔が見られましたきらきら 準備や設営とお疲れさまでした。そして、ご協力ありがとうございましたキラキラ

 

今回のみちのくけん玉フェスタにご参加やご協力いただきました皆さま、そして、大会運営に携わっていただきました皆さま、すべて無事に終わることができました。ありがとうございましたキラハート。

東北地区のけん玉普及とレベルアップも着実に上がっていることも確認出来て大変うれしかったです星

 

 

皆さんの素敵な笑顔もまたみられる日を楽しみにしています。では、次回開催地、山形でお会いしましょうキラキラ

 

 

 

投稿者/ごいし




「みちのく東北けん玉フェスタ2018inふくしま」の報告です★「1」

今年も東北のけん玉の祭典がやってきました

「みちのくけん玉フェスタ2018inふくしま」です。

平成30年11月11日(日曜日)、穏やかな陽気の中の開催となりました晴れキラキラ

 

第6回目となりました会場は、福島県須賀川市の須賀川アリーナサブアリーナで盛大に開催しました

ここで・・・名物司会者でもあります日本けん玉協会山木弘行理事長は、同日のイベントに出張のため、大会の前半は、馬目パパさんが司会を務めました

 

この日のメインイベントの「第6回東北けん玉道選手権」になりますが、今大会は、山形県と宮城県と福島県から68選手が参加しました 園児から70歳代までと幅広くご参加いただきました

 

開会式では、はじめに、みちのくけん玉フェスタ実行委員長 吉村弘幸さんがあいさつしました

吉村さんは、準備から段どりから設営まで大活躍でしたが、おかげさまでこの日を迎えられました。ありがとうございます

 

続いては、けん玉メーカー「有限会社山形工房」梅津雄治社長から来賓のご祝辞をいただきました

いつもお忙しい中、多大なるご協力を賜りまして、ありがとうございます

 

続いて、小学6年生仲良しコンビの選手宣誓

けん玉を高く掲げ、堂々とした宣言をしていただきました

 

この日のメインプログラム「第6回東北けん玉道選手権大会」開催に先立ち、審判部長 佐藤英之さんが、競技上の注意に関する説明をしました。 説明の中では、今夏から就任いたしました山形県長井市のスパイク管理人の松本タケシさんにお手伝いをいただき、競技で行う技のお手本を披露していただきました

 

さてさて、競技の前に・・・

 

「みちのくけん玉フェスタ2018inふくしま」では、イベントに花を添えるさまざまなブースを設けました

 

こちらは、山形工房さんのブースです。日本けん玉協会認定でトップけん玉メーカーでもありますので、とにかく種類が豊富です なかなか一堂にこれだけの種類を見ることができませんのでとても貴重な機会です

 

こちらの大きなけん玉「太陽」です。なんと、級と準初段がこのけん玉で受けることができますよ このけん玉を使いこなせたら、プロの気分になれますね 実はこの太陽がイベントの最後に大活躍することとなります

 

 

そして、こちらは、いき市の伝統こけしなどを製作する「木地処さとう」さんです

作っている方は、なんと、福島県支部長の佐藤英之さんです

愛らしいこけしはもちろんのこと、けん玉やコマなども展示しました 

 

今回は特に力を入れていたのは、同工房開発商品、耐震型けん玉スタンド「玉座」です大切なけん玉がすぐに倒れてしまわない設計でかつ、しかもけん玉が格好良く見えるように置いておけます 体験コーナーも設置して、佐藤さん自ら「玉座」の良さを説明されていましたよ 新色も出まして、飾るのにバリエーションが増えるとますますけん玉を飾るのが楽しみになりそうでしたよ

 

 

こちらは、けん玉とジャグリング体験コーナーです

けん玉は、伝承遊びザックの会の皆さんのご協力の下、指導していただきましたささきまぐろけん玉

ジャグリングは、日大工学部ジャグリング部の学生さんがお手伝いしていただきました 大人気のコーナーで、子どもたちは、学生さんと一緒に夢中になって体験していましたよ

 

屋内の各ブースやコーナーがあり、とても会場は華やかでした

 

さて、また東北けん玉道選手権の話題に戻りますが、こちらは、大会の賞品が並んでいますが、A-1クラスとA-2クラス各優勝のけん玉トロフィーも返還されて飾られていました。今回は誰の手にわたるでしょうか

 

さて、大会に入りますが、参加選手は、直前まで練習は欠かせません

 

上位有力の選手も緊張感マックスでしょうか・・・真剣なこの表情です

 

まずは、CクラスとDクラスの決勝とA-1クラスとA-2クラスとBクラスの予選が行われました

(写真がなくてすみません

 

その結果が張り出されました

激戦のA-2クラスは50点満点が3人もでて、大変ハイレベルな結果となりました

CクラスとDクラスの上位は僅差での決着となりました

まずは、CクラスとDクラス上位8位まで入賞の皆さん、おめでとうございました

 

後半に続きます

 

★一部のカメラ写真は師匠さんから提供いただきました。ありがとうございました!!




投稿者/ごいし



QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ