やまき8段けん玉クラブへようこそ。
福島県いわき市。伝説のけん玉チャンピオン、山木弘行8段が指導。

「美しく技を決める」をテーマにけん玉教室・級段位認定試験・各種大会への参加などの活動を行っています。

けん玉は技が決まるととっても爽快!そしてみんなでにぎやかに楽しめるのが何よりの楽しみ。
そしてけん玉は、集中力アップや体力作り・健康増進にもとっても最適なスポーツです。

けん玉クラブ会員は随時絶賛募集中!お気軽に事務局へお問い合わせください。
お問合せ先【kendama.iwaki@gmail.com】

第30回全日本少年少女けん玉道選手権大会観戦記 ~その2~

第30回全日本少年少女けん玉道選手権大会観戦記の続きですにこ。けんだま

 

トーナメントの三位決定戦、決勝戦に入る前に、アトラクションということで、タイム競技日本一決定戦日本が行われました!!!

 

決勝戦出場が決まった選手以外の選手が並んでの一発勝負です!

 

文部科学大臣杯でトーナメント戦で同点になった場合に決着させるための「タイム競技2015」を行います。この競技は、「とめけん→ヨーロッパ一周→地球まわし→うぐいす~けん→はねけん→一回転飛行機→さか落とし」を順番に技を行いますが、ここでは、一番早くできた人がタイム競技日本一となります。

まずは、男子の部がスタート! 

 

隼くんはそれなりに早くやっているのですが、もっと早い選手が数人いまして、終了の合図の旗が次々と上がっていました。あと少しのところで、タイムアップ!でした。

 

続いて女子の部がスタート!

 

真央ちゃんは、落ち着いて技を決めていました!

 

そして、キレイに技を決めていき・・・

 

真央ちゃんがで14秒88の好タイムをたたき出し、「タイム競技2015」女子の部日本一になりました!おめでとうございますl12

練習通りに力が発揮できてよかったですねビックリ

マイクを差し出され名前を元気に発表する真央ちゃんでした!

おめでとうございますクラッカー

 

また、トーナメント戦の続きがあり、3位決定戦と決勝が行われました。こちらの写真は、男子決勝で戦う、西東北ブロックの武田佳起くんです。やまき8段けん玉教室の強化練習会にも参加されるほどとても熱心です。大健闘の準優勝に輝きましたクラッカーおめでとうございます。

 

トーナメント戦終了後、大会出場者による男女別けん玉リレー競走ですけんだまけんだまけんだまけんだまけんだまけんだまけんだま

「とめけん」という技を決めていくのですが、決めたら次の人が決めていくという形式です。

女子チームは、真央ちゃんからのスタート!!キレイな流れを作ってくれたおかげで、とても早いタイムが出ました!

 

男子チームには、隼くんが登場けんだまさすが、落ち着いて一発で決めてました!! しかし、チーム後半でちょっとハプニングがあり、タイムが思うように伸びずに残念でした。結果、女子チームが制しました!

 

得意技披露のコーナーもありました!

真央ちゃんは、ろうそくもちとめけんを見事、成功させました嬉

動画でもご覧になれます!

https://youtu.be/5moy70MAopw

 

隼くんは、うずしおふりけん(技の名前あっているでしょうか?)に挑戦し、超難しい技を決めて大きな拍手をいただきましたうれしい

https://youtu.be/GnG-M8ytFvU

 

競技終後、参加賞授与式と表彰式が行われました。各けん玉メーカーさんから、けん玉やけん玉本などの参加賞が贈られました。

 

真央ちゃんは、タイム競技女子の部優勝者として表彰を受けましたパチパチ

 

最後に、日本けん玉協会 矢野博幸副会長から総評をいただきました。

 

隼くん、真央ちゃんともに大会が終わって、ホッとしている表情していますニコニコ

 

最後に記念撮影ですカメラ

隼くんと真央ちゃんが参加賞のけん玉などを手にして笑顔でパチリsei 緊張やプレッシャーから解き放たれると素敵な笑顔してますね~らぶ1

お疲れさまでしたスマイル

 

やまき8段けん玉クラブ大応援団ですにこっ 

みんなで、隼くん、真央ちゃんを囲んでパチリウィンクカメラ

みなさん、とっても良い笑顔ですにこにこ

応援、お疲れさまでしたayaきらきら

 

気が付けば・・第30回全日本少年少女けん玉道選手権大会は、あっという間に終わってしまいました。

我がクラブから出場しました、隼くん、真央ちゃんは無念の初戦敗退という結果でしたが、緊張が張り詰める大舞台で、堂々たるけん玉技を披露してくれました嬉

 

2人は、強化練習で辛いことや思うようにいかないことがあっても、良きライバルで仲間のカズくん、ミウちゃんの協力を得て、乗り越えて頑張ってきましたきらきら

仲間が一致団結して、なんとしても強くなりたい。勝ちたいという雰囲気がひしひしと伝わって来ていました。

この練習の間に、さらに友情と絆も深まったような気がします。

 

そして、クラブ仲間でもなんとかしてあげたい一心で、サポートできることはできる限りさせていただきました!

 

大会での隼くんは、最後まで攻めの姿勢を崩さず、競技に挑んだ姿は、常連の貫禄だけではなく、たくましさを感じました!

 

真央ちゃんにとっては、最後の夏の大会で思い入れも深かったと思います。仲良しのミウちゃんと初戦敗退直後に一緒に涙している姿が一心同体で戦ったあとのような感じがして、とても印象的でした!

 

この悔しさ、託す思いは、次世代へ・・・!

 

今年の大会を観て、来年こそはこの大舞台に立つぞ!?と思ったチビッコたちが増えているかもしれませんうれしい

 

大きな一つの目標に向かって、頑張ってくださいねキラキラハート

 

以上、第30回全日本少年少女けん玉道選手権大会観戦記でしたきらきら。きらきら。きらきら。

 

(一部の写真は、ししょうさんからご提供いただきました。ありがとうございましたはーと

 

【ご報告】

大会終了後も取材は続き、真央ちゃん、隼くんは、しっかり受け答えしていましたマイク

 

 

そして、その取材の模様ですが、8月29日のふくしまスーパーJチャンネル番組内で、約9分にわたって放送されましたl12ビックリ

福島放送さん、長い時間をかけて取材をしていただき、そして、すばらしい内容にまとめて放送いただきまして、ありがとうございました!!



投稿者/ごいし



 

第30回全日本少年少女けん玉道選手権大会観戦記 ~その1~

平成30年8月26日、東京池袋のサンシャインシティで、日本けん玉協会主催の『第30回全日本少年少女けん玉道選手権大会』が開かれました。

我が、福島県いわき市の「やまき8段けん玉クラブ」から男女ともに東東北ブロック地区から出場するとあって、応援兼ねて観戦に行ってきました↑↑☆

 

この大会は、

文部科学大臣杯!!

後援/スポーツ庁!!桃

と、大変栄誉あるものです!!!

 

さらに今年の開催は、祝・けん玉生誕100周年!!!であり、

第30回の記念大会とあり、出場枠も男女各、13から16枠まで増やしました!!

 

そして、この日は、地元テレビ局のKFB福島放送さんが東東北ブロック地区出場者の追っかけ取材ということで来ていただきました。遠くから足を運んでいただきまして、ありがとうございます!!*

 

開会宣言に続き、日本けん玉協会・松永義希会長のごあいさつかがありました。

 

大会出場者による入場が始まりました。

こちらが、東東北ブロック地区代表の馬目隼佑くん(小4、3年連続3回目)と関真央ちゃん(小6、2年ぶり2回目)です。堂々の入場です!

 

出場選手が勢ぞろいしました!今大会は、ブルーのTシャツでした。連日続く、猛暑をちょっとでも和らげてくれそうな素敵な色です。

 

 

出場者全員がそろったところで、出場者の証となるメダル贈呈が行われました。

 

そして、次年度大会広報用の記念撮影も行われました。

 

元気いっぱいにけん玉けんだまを上げて気合い出していますね!

皆さん、頑張ってくださいビックリ

 

大会開始にあたり、審判団の紹介もありました。東東北ブロック長も加わっています(左から6人目)。

 

決戦の時間は刻々と迫ってきました!!

大会直前の隼くんの様子です。周囲の出場者と和やかに語っているものの緊張は避けられないのか、キョロキョロと周囲の選手の様子見ながら練習をしていました。

 

大会の会場は、下から上からと大勢の観戦者がいますので、相当なプレッシャーがかかると思います。技ができるだけでなく、こういった環境に対応できる度胸も必要になってきます!

 

そんな中で、ついに、ドキドキの男子1回戦が始まりました!

隼くんの目つきがさきほどの写真と違うのわかりますか??

これだけの大きい大会でも、見事に神経を研ぎ澄ましてけん玉の技を決めていくのです。

 

審判団の迫力ある審判にも動じず技を決めていきました!!

 

順調に技が決めていっていたのですが、不運にも宇宙一周技でけんの引っ掛かりが影響して敗退となりました・・

でも、負けても最後までしっかりあいさつした隼くん。さすが、3回目の出場と常連とあって、落ち着いていました。試合中の礼儀の良さは、審判団の方からも高い評価をいただきました。

 

続いて女子の部、真央ちゃんの出番が迫ってきました。周囲を見ずに、黙々と練習に励んでいるのが印象的でした。

 

不安そうな顔をしていて緊張している真央ちゃんにパパさんが声掛けをして励ましています。

 

そして、1回戦が始まりました。

技のキレが冴えていた真央ちゃんは、相手にプレッシャーがかかるのがわかるほど、集中していました!

 

お互い失敗なく技を決めていきましたが・・つるしとめけん技の最後の最後に失敗。涙、涙の敗退となりました。6年生と最後の出場に掛けた意気込みは練習の時から相当のものがありました。それだけに悔しさも倍増していたのかと思います・・

真央ちゃんの集中力や技の美しさは、大勢の人たちに印象を与えたと思います!

 

二人ともに残念ながら初戦敗退という結果でしたが、「やまき8段けん玉クラブ」ならではの“キレと流れるような美しさを持つ技”を見ることができましたので、大変感動しました。お疲れさまでした!

 

観戦記後半へ続くNEXT

 


(一部の写真は、ししょうさんからご提供いただきました。ありがとうございましたはーと



投稿者/ごいし



QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ