1月3日は、やまき9段けん玉クラブで、2021年新年けん玉教室が開かれました!
お正月中にもかかわらず、会員さんにお集まりいただきました!!
あけましておめでとうございます!
本年もどうぞ、よろしくお願いいたしますショボーンキラキラ
 
まずは、3分間もしかめと基本技で準備体操ですアップ
もしかめカメDASH!はリズムよい音を皆で一緒に刻む音がそろうと気持ちがいいですね~チュールンルン
 
この日は、
2月に開催予定のJKA杯、JKAジュニア杯の技をやっと見よう!
ということで、特別メニューで行いました!!
 
この日は、やまき先生とクニヒロコーチによる指導でJKA杯、JKAジュニア杯のすべての技の実演と練習を行いましたビックリマーク
技のやり方を1つずつ説明とポイントを細かく解説していただきました!
 
まずは、見よう見まねでやってみよう右上矢印ウインク
 
投げ技系は、場所の関係上一部のみ練習することに。
実演は、やまき先生が何度も技を行って見せていただきましたビックリマーク
人によってやり方が違うので、やりやすい方法を見つけてもらうためにいろんなパターンでも披露していただきましたビックリマーク
 
クニヒロコーチも投げ技をいろいろと見せていただきましたが、見慣れない技の見分けもつかないので・・ゆっくり、わかりやすく何度もやっていただきましたビックリマーク
ちなみに、次の二枚の写真を見ていただきますが、こちらは、「宇宙遊泳返し」をやっているところ。
振って回してけん→玉→けんの順に持ち替えながらやる技になります。
高さは、それなりに上がっていますが・・・
 
「胡蝶の舞」は、同じ動作を2回繰り返します。振って回しながらけん→けんを持つので、2回目に振るときに勢いがつきやすく高く飛ぶ傾向があるので、けん玉の操作が難しくなるところを教えていただきましたビックリマーク
こういった投げ技までやると、技がすぐにできないとしても、けん玉界トップクラスの技をやらせていただけるだけでとてもうれしくなりますね音符
 
ジュニアの大会に出る技、「小皿金魚すくい」は、大皿金魚すくいとは違い、格段に難しくなる技なので、何度も繰り返して、コツを習得していましたビックリマーク
 
一通り技の練習をしたら、あっという間に時間になってしまいましたビックリマーク換気をしながらでの部屋なので寒いはずですが、皆さん汗が出そうなほど頑張って練習をしました汗汗汗
仕上げに2回転灯台を皆でやりましたビックリマーク
 
できる技が少ない中でも、無我夢中で練習されていましたビックリマーク
あとは、覚えた技を少しずつできるようになるといいですねキラキラ
 
【補足ですが・・】
今年は、日本けん玉協会杯争奪戦・日本けん玉協会ジュニア杯争奪戦が行われず、その代替え大会を開催することになったのが、JKA杯2021、JKAジュニア杯2021になります。
日本けん玉協会杯争奪戦・日本けん玉協会ジュニア杯争奪戦の各決勝競技を50点満点の得点制として、各地区分散開催で行うことになりました。
(本部にて結果を集計。JKA杯2021については、10代~60代以上と年代別に分けて順位を集計して上位3位まで表彰されますビックリマーク)
 
東東北地区は、福島県での開催となったため、やまきけん玉クラブからも数名出場させていただくことになりました。
全国トップクラスのけん玉技をする大会になかなか出場できないこともあり、良い経験になることと思います。
参加される皆さん、頑張ってくださいねビックリマーク
 
 
次回のやまき9段けん玉クラブの教室は、1月6日(水)になります。
初めての方でも、当日教室にお越しいただいても大丈夫です。
見学・体験からでもOKですOK晴れ
お気軽にいらしてくださいね。お待ちしていますチューラブラブ




投稿者/ごいし